携帯電話が使えない万が一の時に持っていると安心!災害用無線機のポイントなどを紹介

災害用無線機はどれだけ話しても通話料が無料

東日本大震災の時に携帯電話による通話が繋がりにくくなった、家族の安否を確認するためのメールが数日後に届いたなど、大きな災害時には電話を始めとした通信網がパンクしてしまうことがあります。
そして携帯電話の電波が届かない場所、例えば山の上などで被災した場合や事故に巻き込まれてしまうような恐れもあるでしょう。
そんな時に便利なのが災害用無線機です。
無線機は携帯電話の圏外でも使えるようになっていますし、携帯の通話やメールがパンク状態であっても平常通りに利用できます。
事故や災害の際に連絡すべき場所に直接繋がるようなものもあるため、緊急用の連絡先を暗記していないような方でも安心です。
災害用無線機を長時間使ったら、高額な通信料を請求されてしまうのではないかといった心配をする方もいらっしゃるでしょうが、災害用無線機に関しては緊急時に使用するものなので消防や救急に連絡するのと同じように、通話料が無料に設定されています。
どれだけ話しても通話料は無料ですので、時間を気にせず現状を事細かに伝えることが出来るということなのです。

災害用無線機を購入する場合にはバッテリーを確認

災害用無線機はいざと言う時に利用することができなければ、その機能を果たすことができないものです。
しかしよくあるのは普段は利用しないため、その動作を確認することを怠り、いざと言う時に使えないとケースです。
その要因のほとんどは、バッテリー切れと言う場合が少なくありません。
災害用無線機のバッテリーは一般的には日常的に利用するものに比べ、長時間動作することができるものとなっています。
また様々な過酷な条件下でも作動することができるよう、特殊な構造となっている場合も多いものです。
災害用無線機を購入する場合には、その性能を十分に比較し選ぶことが重要となっているほか、本体の消費電力などにも目を配ることが大切です。
災害用無線機は災害が発生した場合に救助を要請したり、様々な行動を効果的に行うために必要な情報源となります。
その場合に確実に利用することができるように、その機能を十分に確認して購入することが重要なポイントとなっています。

災害用無線機に関する情報サイト
災害用無線機のポイントをご紹介します

当サイトは、災害用無線機のポイントをご紹介しています。一般的な無線機とは異なり災害に特化した無線機といった位置づけになっていること、携帯電話が使えないとき大きな力になってくれます。災害が発生すると携帯が使えなくなり友達や家族などに連絡が出来なくなり不安を感じる人は多いといえますが、この無線機は装着同士で会話が可能ですし、携帯とは違って長時間会話をしたとしても通信料が掛からない、このようなメリットもあります。

Search