携帯電話が使えない万が一の時に持っていると安心!災害用無線機のポイントなどを紹介

災害用無線機は装置同士で会話ができる

災害が発生すると携帯電話が使用できなくなる、このような経験をされた人も多いといえます。
例えば、2011年3月11日発生した東北沖地震のときなど、地震発生直後から携帯電話が繋がらなくなり家族との連絡が出来なくなって不安に感じた人も多いといえます。
このようなときに役立つ存在になってくれるのが災害用無線機の存在です。
災害用無線機とは、中継局を経由して通信を行うトランシーバーで専用の空きチャンネルを使うので回線が混雑して接続ができないなどを回避できるMCA無線機などが代表的です。
携帯電話の回線を使って通信を行うIP無線機もありますが、携帯電話が使えないときなどはIP無線機の送受信もできなくなるなど、災害用無線機はMCA無線機が一般的といえます。
また、災害用無線機は装置同士で会話ができるのも特徴の一つです。
ただ、MCA無線機は一度に利用できる時間に制限が設けられているといわれているので、簡潔な内容で通信を行うことをおすすめします。

災害用無線機の基地局が足りない事は無いのか

災害用無線機は、無線通信を行うため、その基地局が足りなくなってしまう事は無いのかと不安を持つ人も少なくありません。
災害発生時は多くの人が通話をすると考えられることも多く、そのために接続台数が多くなり通信ができない危険性を懸念する人も多いものです。
現在の災害用無線機はIP無線と言う方式を採用しており、携帯電話の回線を利用してその通信を行うのが一般的です。
携帯電話の会社では災害等の特別な状況の場合、一般の電話の信号を制限して非常時のものを優先させる仕組みを整えており、これによって災害用無線機は優先的に接続されることになります。
さらにIP無線の機能では複数の端末を1つの基地局で抱えることができることから、数多くの災害用無線機が動作してもほぼ問題なく通話を行うことができる環境を整える仕組みとなっているのが特徴です。
そのため、万が一の際には安心して連絡をすることができる環境が整えられていることから、非常時のために準備しておいた方が良いものとなっています。

災害用無線機に関する情報サイト
災害用無線機のポイントをご紹介します

当サイトは、災害用無線機のポイントをご紹介しています。一般的な無線機とは異なり災害に特化した無線機といった位置づけになっていること、携帯電話が使えないとき大きな力になってくれます。災害が発生すると携帯が使えなくなり友達や家族などに連絡が出来なくなり不安を感じる人は多いといえますが、この無線機は装着同士で会話が可能ですし、携帯とは違って長時間会話をしたとしても通信料が掛からない、このようなメリットもあります。

Search